難波の風俗求人と偽りのプロフィールについて

風俗求人に応募して、採用されて初めて出勤するときには、あらかじめ自分を守るために用意しておいたほうがいいものがあります。それは本当の自分ではないプロフィールです。本当の自分ではない偽りの自分を作るのです。

風俗の仕事でお客様のサービスをしていると、もちろんプライベートな話を聞かれることも多いでしょう。どこに住んでいてなぜこの仕事をしているのか、独身なのか、彼氏はいるのかなど、様々な質問があると思いますが、これは単に興味本位で聞いている人も多いかと思いますが、なかには本当に好きになってしまって聞いてくる人もいるのです。

しかし全て曖昧に答えたり秘密にしたりするというのは、あまり相手にとっても感じがいいことではありませんので、ある程度答えなければコミュニケーションも上手く成立しないでしょう。そのためには、プライベートなことを万が一聞かれてしまった場合には偽りの答えを用意しておく必要があります。

自分のなかで本名の偽り、そしてどのような経歴を持っているのかなどストーリーを自分で考えておくといいでしょう。今シングルの人でも彼氏、夫が居ることにしておけばめんどくさいことに巻き込まれずに済むかも知れないのでおすすめです。

お客様によっていうことを変えるのではなくて、仕事中はそのキャラクターになりきることが重要です。何回も指名してくるお客さんと親密になってくれば場合によっては連絡先を教えてもらいたいと言われることもあるでしょうけれど、これはやめておきましょう。

お店で教えることは禁止されているというようにして、伝えない方が身の為です。禁止されているといえばそれ以上は聞いてこないでしょうから、しつこい人が居る場合は、フリーメールアドレスを取得しておいてそれを教えるのも方法ですが、極力教えるのはやめておきましょう。